FC2ブログ

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バリアフリー教室

こんにちは!守山タクシーの三品です。久しぶりのブログアップです。
今日は公共交通事業者向けの近畿運輸局主催の「バリアフリー」教室に参加してきました。

IMG_2708[1]_R


私はヘルパーとして普段介護タクシーに乗務しているのである程度対応のについては自信があるのですが、何か勉強になることがあればということで。
まずは車椅子の介助です。これは私の得意な分野なので、改めて再確認でした。段差や坂道、ガタガタ道などを体験しました。ヘルパーの講習以来で車椅子に乗せてもったんですけど、かなり怖かった…。

IMG_2709[1]_R


続きまして「インスタントシニア」体験です。重さの違う重りを手首と両足首に、膝と肘の関節に動きを制限する装具を付けて、耳栓、白内障体験用のゴーグルを装着しました。こんな格好です。

IMG_2713[1]_R

杖を使って動き回るのですが、結構キツイです。見えない!聞こえない!動けない!階段の昇り降りや車やバスの乗り降り和式トイレなどいつもなんの不自由もなく気にすることなくしていることがいちいち大変なんです!
おまけにポスターを見てもなんのポスターなのか??ポスターの写真です。上が通常です。下がゴーグル越しの画像です。

IMG_2711[1]_R
IMG_2712[1]_R
まったく何か分かりません。

普段接するお客様が不自由にされている様子を拝見して気遣いをしいるのですが、更にご本人さんの気持ちを汲み取る努力が必要だなと感じさせられました。

今後も社内でもこのような体験をできる機会を増やすことで、公共交通機がもっと人に優しいものになるように頑張っていきたいと思います!
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入院中の患者さんが結婚式に

こんにちわ!守山タクシーに三品です!

久しぶりのブログです。

昨日、介護タクシーをご利用頂いたお客様のお話です。

成人病センターに入院中で普段は寝たきりの状態のお客様がお孫さんの結婚式に出席するということで、1週間前からストッレッチャー対応の介護タクシーをお申し込み頂きました。
病院の先生からは「式の直前で体調を見て出席してよいかどうかの判断をします」とのことで、場合によってはキャンセルの可能性があるとのことでした。
結果、出席できることになったのですが、前日に「先生からの許可が出た!」というご連絡を頂いた時は非常にお喜びの様子でした。患者様ご本人もお孫さんの結婚式を楽しみにみるみる元気を取り戻されたそうです。
当日、お送りさせていただく乗務員と連絡を取り合って頂きながらルートなどを調整して頂き、出発前に改めて車内の清掃を行いお迎えにうがいました。
乗務員に話を聞くと「お申し込み頂いた当初、長時間の外出をするには体調の不安を残されていましたが、予定されていた時間を大幅に過ぎておられたのに体調を崩される様子を見せるどころか、満足げな様子でお帰りになりました。」とのことで、「私もこういった仕事は非常に嬉しいですね。」とも言っていました。
今朝ご家族がお支払いで弊社に来社され「ほんまに結婚式に出席させることができてよかった。守山タクシーさんの介護タクシーおかげですわ。」とのお言葉を頂きました。

やはりこうした楽しみや生きがいを持つと人は生気を取り戻すことができることができるものだなと改めて感じました。私自身も介護タクシーに乗務する際に「入院中にお墓参りや一時帰宅」「病院から病院などに移られる際に思い出のある場所に立ち寄られる」のにお供させていただくことがありますが、そうした時はほとんどのお客様が元気を出されます。普段発話もされない、表情も表わさない方が、にこっと笑ったり、涙を流されたりされるそんな様子を目にすると自分たちは本当に素晴らしい仕事に携わっているのだなって感じることができます。

これからも「お客様が本当に喜んで頂ける介護タクシーサービスを提供していきたい」改めてそう思いました。

| 未分類 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。